カラダの悩み解決サイト

赤ら顔を治す方法|赤ら顔を改善するにはこれをするべし!

症状1

「ほっぺたが赤くて田舎臭く見える」

症状2

「冬の暖房で1度顔が火照ると元に戻らなくて恥ずかしい」

症状3

「赤ら顔のせいで自信が持てない」

症状4

「一刻も早く白い肌を手に入れたい」


赤ら顔はその症状が顔にでるために容易に隠すことができず、どうしても目立ってしまいます。
とくに冬の時期などは寒い外から暖かい室内へ移動するとすぐにほっぺが反応してしまいます。

コンプレックスがゆえに意識がそこに向かっているので、1度熱を持ってしまうとしばらくは治らないという悪循環におちいります。

そして、赤ら顔で自信が持てないと消極的になりやすく、自然と人に注目されるような行動も避けるようになります。
消極的で閉じこもりがちになると、さまざまなチャンスの機会も自ら逃していることになっています。それはとても勿体無いことです。

大人の女性ならばメイクも上手ですので赤ら顔をカバーすることができますが、まだ学生だったり男性の場合はなかなか手軽に赤ら顔を隠す方法もありません。

けれども、諦めることはありません。赤ら顔はしっかりと原因がわかっている症状ですので、しっかりとその原因に合わせて対処してあげることで改善することができます。

このページでは赤ら顔の原因と効果的な改善方法をまとめています。赤ら顔でお悩みの方はぜひ実践してみてください。

顔の赤みの根本からアプローチする化粧水【白漢しろ彩】はこちら


赤ら顔の原因

赤ら顔
赤ら顔の原因は次の4つがあります。

1.肌が薄く敏感肌
2.色が白く毛細血管が目立ちやすい
3.血行が悪い
4.ニキビの炎症による赤み


原因1、肌が薄く敏感肌

赤ら顔の人は、もともと肌が薄く敏感肌の傾向があります。そのため外部からの刺激を受けやすいために些細なことで血流が一気に激しくなり赤みが増します。

とくに冬の寒暖の差で症状が出やすく、外の寒い場所から室内の暖房が効いた室内へ移動すると急激な温度変化に肌が反応して血流が一気によくなります。

原因2、色が白く毛細血管が目立ちやすい

赤ら顔の人にはもともと色白に人が多い傾向があります。肌が白いために皮下の毛細血管が目立ちやすくほほが赤く見えます。

また、親が色白の場合などはとくに遺伝的要素の可能性が強くあります。

原因3、血行が悪い

赤らがの人は血行が悪く手や足の先が冷たくなる末端冷え性タイプの人が多い傾向があります。
顔は火照って熱いのに手や足の先が冷たくなる症状です。

体質的なものもありますが、日々の生活習慣からも影響します。

原因4、ニキビの炎症による赤み

炎症をともなうニキビができるとその周辺が赤くなります。炎症が治まっても色素沈着、赤みが残る場合もあります。

これは皮脂で毛穴がふさがってニキビの原因であるアクネ菌が増殖することで赤く腫れあがります。


赤ら顔を治す方法

赤ら顔の改善法
赤ら顔の症状をよくする、改善するには次のような方法があります。
自分にあった方法を実践してみてください。

1、寒暖の差を無くす(防寒)

防寒
冬の時期は外出時にはマスクとマフラーで顔や首回りを覆うようにしましょう。
そうすることで外と室内の温度差の刺激をなくすことで赤ら顔の症状を抑えることができます。

また、可能なら室内の温度はあまり上げすぎないようにしましょう。

2、赤ら顔専用の美容液をつける

専用美容液
赤ら顔専用の美容液を塗ることで徐々に赤ら顔の体質を改善することができます。 朝と晩に塗るようにしましょう。

顔の赤みの根本からアプローチする化粧水【白漢しろ彩】はこちら

赤ら顔 治った

3、肌を鍛える

洗面器
洗面器を2つ用意し片方には氷水、もう片方には少し熱めのお湯を用意します。(41、2度くらい)

そしてそれぞれ10秒ずつ交互に顔を浸します。それを5回ずつ繰り返します。

これを毎日おこなうことで肌が外部の刺激から強くなります。
即効性はありませんが、毎日おこなうことで肌が周期的に生まれ変わる期間で徐々に皮膚も丈夫に厚くなります。

半年を目標に毎日おこなってみましょう。

4、レーザー治療

レーザー
赤ら顔はレーザーで治療をすることができます。
赤ら顔の赤みは毛細血管の血液の色です。その赤い色素にレーザー光線をあてることで毛細血管を破壊します。

重度な症状の場合以外は保険が適応されることはないため、全額自己負担となることが多いでしょう。

症状の度合いによって行う回数や金額は異なります。
おおよその費用は10万円~20万円ほどです。

※自分に保険が適応されるか知りたい方は1度病院(皮膚科)で診察してみましょう。美容クリニックだと治療とみなされないため完全に保険適応外です。

レーザー治療の注意点! 取り扱っているレーザー治療機も皮膚科やクリニックによって様々です。
最新のものを置いているところもあれば一昔前のものを置いてあるところもあります。

金額も安くはありませんので、失敗などを避けるためにもまずホームページなどで情報を得てから行くようにしましょう。

カウンセリングも1つのクリニックだけに絞らずに複数おこなうようにしましょう。そして信頼できる医師に出会ってからおこないましょう。

5、コンシーラーやファンデーションをつける

こ
こちらは根本的な解決にはなりませんが、塗るだけで頬の赤みをカバーすることができます。 ひとつ持っておくことで便利なアイテムです。

赤みをカバーするオールインワンタイプはこちら


6、末端冷え性を治す

末端冷え性
末端冷え性は血液循環が悪いことで起こります。
なるべく血行が良くなるような食事や運動習慣をおこないましょう。

おすすめな食材は次の3つです。

・乾燥ショウガ
乾燥ショウガ
乾燥ショウガには大熱性といって温かさを持続する効果があります。
パウダー状のものや錠剤にしたものだと便利に摂取することができます。

冷えの悩みに金時ショウガはこちら

・シナモンパウダー
シナモン
シナモンは身体を内側から温め血流量を増加させ冷えを改善します。
コーヒーなどに入れても摂取できます。

またストレスは血行不良の大きな原因です。自分なりのストレス解消法を持つようにしましょう。

7、自室神経を安定させる

呼吸が浅い人は、自律神経のバランスが乱れがちです。
そうなると血管が萎縮し血流が悪くなり赤ら顔の症状も悪化しやすくなります。

つねに呼吸を深く長くすることで自律神経のバランスが安定し血流も良くなります。

腹式呼吸
また、自律神経が安定するとネガティブな思考も少なくなるため、赤ら顔もあまり気にならないようになります。

8、ニキビの炎症による赤ら顔はこまめな洗顔

洗顔
こまめに泡洗顔をし清潔に皮脂を取り除き、角質を柔軟にする化粧水(フルーツ酸、サルチル酸が配合のもの)を使用して保湿をおこないましょう。

その際、化粧水は冷蔵庫で冷やしそれをコットンに含ませて優しくつけるとよいでしょう。
また、炎症がひどい場合には早めに皮膚科で受診するようにしましょう。

赤ら顔を悪化させる生活習慣

・肌の乾燥
乾燥
肌の乾燥は赤ら顔の悪化やほかの肌トラブルの原因になります。
専用の化粧水などで肌は常に潤わせておくようにしましょう。


・タバコ
禁煙
タバコを吸うと血管が急激に収縮されて血の流れが極端に悪くなります。赤ら顔を気にする人はタバコをやめたほうがよいでしょう。


・ゴシゴシ洗顔
ゴシゴシこする
顔をゴシゴシ強く洗うことは敏感肌や皮膚の薄い人にとってトラブルの元です。
洗顔は優しくぬるま湯でおこない、洗顔料を使う場合は刺激の弱いものを選び泡で包むように洗うようにしましょう。


・偏った食生活
ジャンクフード
肉やジャンクフード、お菓子を好む食生活の人は血管がドロドロになっています。
血行不良は赤ら顔に悪影響を及ぼします。改善したいのなら血液がサラサラになるような食事を摂るようにしましょう。

具体的には、魚や野菜を中心に様々なビタミンを多く摂取するよう心がけましょう。


赤ら顔を克服したその先の生活を想像しよう

赤ら顔 治った
赤ら顔で悩んでいるのに行動に移すことができない人は、赤ら顔を治った自分の姿を想像してみてください。

赤ら顔でなくなった自分の日常生活を描いてみてください。

そこには堂々と楽しく笑って過ごすあなたがいるはずです。

何のストレスもない毎日の生活があるはずです。
何もしなければ何も変わりません。

まずは赤ら顔を改善するためのはじめの一歩を踏み出しましょう。



矢印人には言えない女性のカラダのお悩み解決方法まとめトップへ