カラダのお悩み解決方法まとめ

辛い更年期障害の症状の対処方法まとめ|ホットフラッシュ対策

症状1

「体が常にだるくて疲れが取れない」

症状2

「急に上半身がほてり汗が止まらない」

症状3

「気持ちの浮き沈みが激しくて辛い」

40歳も半ばに近づくと徐々に体や心に様々な不調・トラブルが出てきます。
それがいわゆる更年期障害で症状に個人差はあれど、ほとんどの人が45~55歳の間で発症します。

更年期障害の症状は検査をしても特定の病気は見つからない状態で、それを不定愁訴(ふていしゅうそ)と言います。

更年期障害の表れ方は、その人によって症状や程度の重さも異なります。
また特定の病気というわけではないため周囲からも理解がされにくく、一人で抱え込んで辛い思いをしている人がたくさんいます。

けれども、近年は更年期障害はその原因や対策がわかってきていますので、しっかりと正しい対処をすることで改善することができます。

このページでは、更年期障害の原因から効果的な対策をまとめていますので、ご自分に合わせた対処法を選んで実践してみてください。

更年期障害の症状を抑えるエクオールはこちら

更年期障害の原因

女性の薄毛の原因
更年期障害が起こる原因は、性ホルモン分泌量の低下です。(男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモン量の低下)

女性は、25歳を過ぎる頃から徐々に女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減っていきます。

そして閉経前の45歳前後になるとさらにその分泌量がガクンと減ります。
エストロゲンというのは、女性が女性らしくあるホルモンなのです。

エストロゲンの働き エストロゲンの働きは、
・月経周期を正常に整える
・髪や肌のハリやツヤを与える
・胸やお尻などのふっくらとした丸みを作る
・自律神経を整える
・丈夫な骨を作る
・卵胞の成熟を促す
などがあります。

このようにエストロゲンは女性にとって重要な働きを担っています。

そんな重要な女性ホルモンの分泌量が急激に減ることでさまざまな体や心の不調、髪や肌、体型の衰えが生じるのです。
エストロゲン

更年期障害の症状

具体的な更年期障害の症状は次のようなものがあります。
・ホットフラッシュ(ほてり)
・イライラ
・気持ちの沈み
・頭痛、コリ
・不眠
・疲れ
・シミ、シワが増える
・肌のハリや潤いが無くなる
・生理不順
・胃の不調

・更年期障害のレベルをチェック

日本で広く用いられている「簡易更年期指数(SMI)」を使用しあなたの更年期の重症度をチェックしてみましょう。
更年期チェック
0~25点:問題なし。
26~50点:食事、運動に気をつけ、無理をしないようにする。
51~65点:外来で、生活指導カウンセリング、薬物療法を受けた方がよい。
66~80点:長期(6ヶ月以上)治療が必要。
81点以上:各科の精密検査が必要

更年期障害の症状を緩和する方法

更年期対策
更年期障害の症状というのは人それぞれ異なりますが、その根本原因というのはどれも同じです。
上記でも記しているすが、それは女性ホルモンの分泌量の低下です。

つまり、減ってしまった女性ホルモンのエストロゲンを補ってあげることでその症状を改善・緩和することができます。

更年期障害の症状を緩和する具体的な方法は次のようなものがあります。

その1、大豆製品からエクオールを摂る

大豆
大豆に含まれているイソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする性質があります。

食事から大豆を摂ると大豆イソフラボン(ダイゼイン)が腸内で吸収されます。
その時に大豆イソフラボン(ダイゼイン)がエクオールという成分になります。

このエクオールこそが更年期障害のさまざまな症状を改善するのに役立つ栄養素なのです。

いまエクオールはとても注目されている成分で、「NHKスペシャル」「たけしの家庭の医学」「主治医が見つかる診療所」などのTV番組でもこぞって取り上げられています。

その効果は、更年期障害の緩和、美肌効果、骨密度低下防止、動脈硬化防止など様々でまさにスーパー栄養素と言えます。

毎日、豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品を食事に取り入れることで足りなくなったエストロゲンの働きを補う手助けをしてくれます。
ただし、大豆を摂ってもそれを自分の体内でエクオールに変換できる人は全体の40%程度とされています。
これは体質や腸内環境の個人差の問題ですので仕方がありません。
(大豆を摂取してエクオールに変換できたのは1,849名中810人:日本疫学会学術大会2014年にて発表)

その2、エクオールをサプリで直接とる

竿yr
エクオールが凝縮されたサプリメントを飲むことで確実に体内でエクオールを摂取ことができます。

効率よく手軽にエクオール成分を摂りたい人や、大豆製品を食べても効果を感じられなかった人にはおすすめな方法です。
※エクオールには副作用がないため適量を守れば安心して使用できます。

日本女性医学学会学術集会で発表

臨床試験では1日に10mgのエクオールを摂取した場合、ホットフラッシュや気の沈み・イライラ、不定愁訴など更年期の女性のゆらぎをやわらげることが確認されています。
(※日本女性医学学会は、更年期障害から医学的諸問題まで女性の一生を通じ研究する医療従事者団体)

おすすめエクオール3選 比較表

【AMC社】エクオール+ラクトビオン酸 【小林製薬】エクオール 【ウエルネス・ラボ】キレイ・デ・エクオール
ラクトビオン酸 小林製薬 キレイ・デ・エクオール
特徴 更年期専門医師と共同開発された高品質エクオール 老舗の小林製薬から販売のお求めやすいエクオール エクオールを主成分に乳酸菌(EC-12)1,000億個も配合
主成分 エクオール10mg
ラクトビオン酸150mg
エクオール2mg エクオール10mg
乳酸菌(EC-12)
リンゴセラミド
内容量 90錠 30錠 60錠
摂取量 1日3錠 1日1錠 1日2錠
価格 5,832円 2,700円 初回3,980円
評価 ★★★★★
★★★ ★★★★
公式サイト 【AMC社】エクオール+ラクトビオン酸 公式サイト

【小林製薬】エクオール 公式サイト 【ウエルネス・ラボ】キレイ・デ・エクオール公式サイト


その3、ホルモン補充療法HRT

婦人科
足りなくなったホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT=ホルモン・リプレイメント・セラピー)という方法もあります。

こちらは病院(婦人科)でおこなわれる治療で、飲み薬、貼り薬、塗り薬、子宮内に装着する薬などがあります。

ホルモン補充療法を受けるためには、婦人科で問診や内診をおこなってから血液検査でホルモン検査をします。
そして検査結果から原因が判明し、ホルモン補充療法が必要なのか、どの薬で適当かを医師が決定します。
治療の期間は個人差がありますが、1年~3年という場合が多いようです。

ホルモン補充療法のデメリット ホルモン補充療法のデメリットは、人によって合う合わないがでやすく、中には副作用が出てしまう人もいるということです。
(吐き気、不正出血、乳房のハリ、おりものなど)

また、血栓症、子宮筋腫、子宮内膜症、発ガン、肝機能障害などのリスクもありますので、治療を開始する前に医師にしっかりと説明を受け完全に納得をしてからおこなうようにしてください。

その4、漢方

漢方
漢方薬を継続的にとることで更年期の症状を和らげることができます。
漢方薬の良いところは、その人の体質や体格を考慮して処方されることです。

漢方薬局や漢方薬に詳しい病院で処方してもらいましょう。
→漢方薬に詳しい病院を検索するにはこちらが便利

名称 更年期の症状に用いられる漢方薬
加味逍遙散 のぼせ、肩こり、疲れ、精神不安
温経湯 手足のほてり、不眠、乾燥
五積散 冷え、頭痛
桂枝茯苓丸 肩こり、頭痛、めまい、のぼせ
温清飲 のぼせ、神経症、肌の乾燥
当帰芍薬散 冷え、貧血、疲労



矢印ホットフラッシュを抑えるエクオール

矢印人には言えない女性のカラダのお悩み解決方法まとめトップへ

矢印https://www.japanism.xyz/