カラダのお悩み解決方法まとめ

オナラの回数を減らす方法・ニオイを臭くなくする対策のまとめ

症状1

「オナラがやたら頻繁に出る」

症状2

「オナラがすごくクサイ」

症状3

「彼の前でオナラが出そうで怖い」

オナラは生理現象ですのである程度出て出てしまうのは仕方がありません。

しかし、しっかりとした原因がありますので対策をとれば回数を少なくしたり、ニオイを抑えることもできます。

このページではオナラの原因とその対処方法をまとめていますので、気にしている方は参考にしてください。

オナラの正体

オナラの正体
オナラの大半は食べ物を食べるときに一緒に口から飲み込む空気です。
その空気に小腸や大腸でガスメタン、水素、二酸化炭素が加わりガスになります。

オナラの成分は全体の70%が炭素ガス、窒素、メタン、酵素、水素で構成されています。そして20%が体内の血液中のガス、残り10%が腸に残った食べ物が分解されるときに出るガスでできています。

乳酸菌発酵エキスでおなら改善

オナラがよく出る原因と対策

オナラの原因
オナラは体内にいらないものをガスとして体外へ出す行為で、誰にでも出るものです。しかし、回数は人によって異なります。

では、オナラがよく出る原因はどういうことなのでしょうか。

オナラがよく出る原因には次のようのことがあります。


・その1、早食い、よく噛まない
早食い
早食いの人はよく噛むことをしません。そういう人は物を食べるときに同時にたくさんの空気を飲み込んでいます。
オナラが増える原因はこの空気の飲み込みすぎが多くあります。

食事はゆっくりよく噛むことで空気を一緒に飲み込むことが少なくなります。
また、ゆっくりよく噛むことは健康やダイエットにも良い方法ですのでぜひ実践しましょう。


・その2、炭酸飲料をよく飲む
炭酸
運動不足でいると基礎代謝が悪くなります。そして脂肪が蓄積され脂肪酸が増えることにより、加齢臭であるノネナールが発生します。

加齢臭予防や生活習慣予防、ストレス解消のためにも日常的な運動習慣は大切です。週に2、3回程度はウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を行うようにしましょう。


・その3、お肉をたくさん食べる
肉食
お肉は消化に時間がかかりガスもたくさん発生させます。
そしてお肉などの動物性食品は悪玉菌の元となります。

腸内に悪玉菌が増えすぎると腐敗ガスを生じさせるためおならの回数も増えますしニオイも臭くなります。

オナラの回数やニオイで悩んでいる人はお肉よりお魚をメインにすると良いでしょう。


・その4、食物繊維をたくさん食べる
疲れ
食物繊維をたくさん食べることは健康には良いですが、オナラがよく出る原因になります。
食物繊維は消化がしにくいためにガスが発生しやすくなります。

とくにオナラが出やすくなるのは、イモ類、ごぼう類、豆類です。
ただし、食物繊維の取りすぎによるオナラはほとんど臭くありません。

オナラの回数を減らしたいのならばこれらの食物はなるべく避けて違う野菜で栄養を補うようにしましょう。


・その5、ストレス
ストレス
ストレスが溜まると自律神経のバランスが乱れ腸の働きが悪くなることでオナラの回数が増えます。

ストレスによる自律神経の乱れは様々な不調や病気の原因になります。

自分なりのストレス解消法を見つけ、空いた時間や休日にはしっかりと発散してあげることが大切です。


クサイおならの原因と対策

オナラ
オナラが臭くなる原因は大きく「食べ物」「腸の環境」「病気」があります。

クサイおならの原因その1、食べ物

オナラのニオイが臭くなる食べ物は次のようなものです。
・ニンニク
・ニラ
・玉ねぎ
・大根
・キャベツ
・牛肉
・牛乳

食べ物

クサイおならの原因その2、腸の環境

腸内の悪玉菌の量が増えることでオナラは臭くなります。
悪玉菌はタンパク質を分解し、ニオイの強いアンモニア、硫化水素、インドール、スカトールなどのガスを発生させます。

腸内環境を整えて悪玉菌を減らすには善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌を増やすにはビフィズス菌や善玉菌を含むヨーグルトやぬか漬けやキムチ、チーズや納豆などの発酵食品を継続的に摂取することが効果的です。

乳酸菌発酵エキスでおなら改善

悪玉菌

クサイおならの原因その3、病気

次のような病気はオナラが臭くなります。

・大腸ガン
大腸ガン患者のオナラに含まれるメタンチオール(腐った玉ねぎのようなニオイ)は健常者の10倍以上です。
玉ねぎの腐ったようなオナラが続く場合はすぐに病院で検査をしましょう。

・潰瘍性大腸炎
大腸の粘膜に潰瘍ができる病気でオナラが臭くなります。

・大腸憩室症
腸内の内壁の一部が外側に向かって飛び出します。この病気もオナラが臭くなります。


オナラを我慢するとどうなる?

ダメ
オナラを我慢することはカラダにとってよくありません。
我慢するとカラダにとって有害なものを体内に溜め込んでしまうことになり、肝機能の低下や便秘の要因になることがあります。

また、オナラを我慢すると悪玉菌が増えることにもなります。


オナラの回数を減らす方法

オナラを減らすには上記に記載しているようなオナラがよく出る原因をできるだけ減らすことです。

上記までの記事からまとめると、

上記までのまとめ 1、・食事はゆっくりよく噛むこと。
2、・炭酸飲料は飲まないこと。
3、・肉を食べるのを減らし魚にすること
4、・イモ類、ごぼう類、豆類を食べるのを減らすこと
5、・ストレスを発散させること

さらに次の2つもオナラを減らすには効果的な方法です。

・姿勢をよくする
姿勢が悪いと肺からのガス交換が悪くなり腸内にガスが溜まりやすくなりオナラがたくさん出るようになります。

背筋を伸ばし腹式呼吸を心がけるとオナラの回数を減らすことができます。


・ガス抜きのポーズ
家にいるときにガス抜きポーズをおこないガスを抜いておくことで職場や学校、外出中にオナラがなるべく出ないようにします。

ガス抜きポーズのやり方 1、・仰向けに寝る。
2、・両ひざを抱えてももをお腹に引き寄せる。
3、・5回呼吸をして足を戻しリラックスをする。

YOUTUBEなどの動画で見るとよりわかりやすいと思いますので実践してみてください。
→YOTUBEでガス抜きのポーズを見る

乳酸菌発酵エキスでおなら改善


矢印人には言えない女性のカラダのお悩み解決方法まとめトップへ