カラダのお悩み解決方法まとめ

ワキ汗の原因と対策|ワキ汗やワキのニオイを抑える方法

症状1

「ワキ汗で電車のつり革が持てない」

症状2

「ワキ汗が目立つので好きな色の服を選べない」

症状3

「ワキ汗が出やすいからニオイが気になる」

ワキ汗は単純に着衣のシミが目立つので人に気づかれると恥ずかしいものです。その分泌量も人によってかなり異なります。

このページではワキ汗の原因やワキ汗の量を抑える方法をまとめています。

汗には2種類ある

汗腺

ワキの下はカラダの他の場所よりも汗腺が多いので汗をかきやすい場所です。
汗腺は2種類あり、エクリン腺とアポクリン腺があります。

エクリン腺は、体温調節の機能で暑いと感じると汗を出し体温を下げようとしたり、精神的に緊張や不安があると交感神経が刺激されて汗を出します。 基本的にはほぼ水分です。

アポクリン腺から出る汗は、ニオイを作ることがそもそもの目的で本来はいわゆるセックスアピールや縄張り争いなどのためのものなのです。

その成分はたんぱく質や脂質などでワキガやスソワキガのニオイの原因です。

多くの生物が言葉以外のあらゆる方法で求愛や意思表示を示すようものの一つにフェロモン(ニオイ)があります。

人間は進化の過程でどんどん言葉やコミュケーションが増えてきました。そして徐々に体毛は薄くなりアポクリン腺も退化していきました。

今ヒトの体の中にアポクリン腺があるのは、ワキや股間、乳首などです。
とくにホルモンの働きが活発になる時期にニオイを強く発します。

ワキガにニオイを抑える方法はこちら


ワキ汗の原因

1、体質
dna
汗っかきが親から遺伝をするということはあまりありませんが、生まれつきワキの下の汗腺が多いとワキ汗をかきやすくなります。


2、精神的な緊張やストレス
 ストレス
汗腺は自律神経が司っています。
精神的なダメージや刺激を受けると自律神経のバランスが乱れ発汗します。


3、肥満
肥満
肥満になると脂肪の層ができ体温が上昇しやすくなり汗をかきます。


4、ホルモンバランスの乱れ
ホルモン
40歳を過ぎたあたりから更年期が始まります。
更年期に入るとホルモンの分泌量が減少し体に様々な影響を及ぼします。

その一つにホットフラッシュ(ほてり)、発汗があります。


5、脱毛後
脱毛
これは脱毛でワキの汗腺が刺激されたということではなく、ワキの毛を脱毛したことでワキ汗がダイレクトに流れるようになったりワキに意識が向かうため汗の量が増えたと感じやすくなります。


ワキ汗を抑える方法

ワキ汗を抑える効果的な方法は次の4つがあります。
ワキ汗を抑える

その1、自律神経のバランスを整える

自律神経のバランスを整えることは過剰なワキ汗を抑えることになります。
そのためには規則正しく健康的な食事や生活リズムを整えることが大切です。

また、浅い呼吸というのは自律神経バランスは乱れる原因になります。
呼吸を常に深く意識することで自律神経バランスは安定します。

※具体的な呼吸の方法


1、まず鼻からゆーっくりと息を吸い、吸いきれなくなるところで吸います。
2、そして息を5秒止めます。
3、そのあと今度はゆーっくりと口から息を少しずつ吐き出します。できるだけゆーっくり肺の中が空になるくらいまで吐き切ります。


この呼吸法を起きている間はできるだけ意識しておこなうことで自律神経のバランスは格段に良くなり、自律神経は整い精神的にも安定します。

まず、5回だけ繰り返してみてください。気持ちが落ち着くことをすぐに実感できるはずです。


その2、ワキ汗を抑えるクリームを塗る

ワキ汗専用のクリームを塗ることで汗を抑えることができます。

ワキ汗を抑えるオススメ商品3選
デトランスα Risala【リサラ】 サラノンEX
デトランスα Risala【リサラ】 サラノンEX
特徴1 「特許取得処方」で制汗効果が72時間持続! ワキ汗を速攻ブロック!制汗ジェル! 愛されて10年
ノンシリコンのワキ汗抑制クリーム
特徴2 日本未入荷!
体臭の強い国で開発された最先端の制汗剤
日本製!無添加
朝塗れば1日中ワキ汗知らず!
さっとひと塗りで快適さ1日中実感!
主成分 アルコールデナ
アルミニウムクロニッド
高純度クロルヒドロキシアルミニウム
茶エキス
シクロペンタシロキサン
ジメチコン
内容量 20ml 30ml 30g
使用頻度 1日2回 1日2回 1日2回
生産国 デンマーク 日本 日本
価格 通常4,800円→2,980円 通常4,580円→定期2,980円 3,218円
送料 600円 無料 756円
評価 ★★★★★
★★★★ ★★★
公式サイト 【デトランスα】公式サイト

【リサラ】公式サイト 【サラノンEX】公式サイト


その3、病院・クリニックで治療をする

病院
ワキ汗は病院やクリニックで治療をすることができます。

病院やクリニックでの主な治療法には次のようなものがあります。

・塗り薬
塩化アルミニウムなどで調合された薬です。の有効成分を脇の下に塗ります。

・ボトックス注射
交感神経から伝達されるワキ汗の指令を注射薬でブロックします。1回の注射で4-9か月ほど持続するので1年に2回程度打ちます。

・飲み薬
抗コリン薬や漢方薬があります。塗り薬や注射で効果が見られない場合などに処方されることが多くあります。

・手術
神経を切断することで汗を抑えます。
診療場所によってその中で得意な方法は異なります。保険が効く場合もありますので、まずは問い合わせてみるとよいでしょう。

病院やクリニックを見るけるコツ 病院やクリニックを決める際には過去の施術件数や実績、そのクリニックの口コミなどをしっかり調べるようにしましょう。

失敗や費用がやたら高いクリニックなどはネットで調べればそれなりに悪い評判があるはずです。

失敗を避けるためにもカウンセリングを1つのクリニックだけに絞らずに複数おこなうようにし、信頼できる医師を見つけてからおこなうようにしましょう。

ワキ汗を治療できる病院を探すにはこちらが便利


その4、脇汗パットの使用

ワキ汗パット
手術は怖いし、クリームなどは塗りたくないという人にはワキ汗パットの使用がオススメです。

最近の商品は性能が良いため、簡単に取り付けができフィット感も良いモノが多くなっています。
中には50ccまで吸収できるモノもあります。色もベージュなどが多く目立つこともありません。

わき汗をしっかり吸収する大判汗取りパットはこちら


矢印人には言えない女性のカラダのお悩み解決方法まとめトップへ